返済金額と金利のバランス

返済金額と金利のバランス

カードローンは毎月の返済金額と金利のバランスが特に重要で、どちらかが良くないと結果的に返済の負担が増えてしまう場合があります。使い方や希望内容にも夜のですが、最終的な返済負担を軽減してカードローンを利用したいと考えるなら、両方のバランスは重要です。

 

希望する借り方が毎月の返済金額を抑えたいといった場合には、金利よりも月々の一回あたりの返済金額を重視すればよいために問題はありません。しかし、カードローン完済時の支払い負担を減らす目的であるなら、一回あたりの返済金額だけを見るのは良くないのです。

 

というのも、毎月の返済金額が少ないということは、それだけ元金が減りにくいことになります。カードローンの利息は借りている残高に対してかかるため、返済が進みにくくなる少しずつの返済では最終的に支払う利息額が多くなってしまいます。

 

また、返済金額が少なくないとしても、金利が高ければ同じことです。多めの返済であっても毎月にかかる利息が多くなるほどの高金利であれば、最終的な返済総額は言うまでも無く大きくなります。

 

やはり重要となるのは返済の金額と金利のバランスで、少なすぎない毎月の返済金額と低い金利でのカードローンは、返済の最終的な負担を減らすには適する借り入れ先と言えます。その中でも特に優れているのが来店不要のオリックス銀行カードローンで、30万円以下の借り入れなら月々7,000円の返済でありながら、金利は限度額に応じた低水準と、負担を減らしたいカードローンに人気となっているのです。